読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめ漫画、繰り返し読みたい漫画、衝撃を受けた漫画

これまでに読んだ中で、おすすめ漫画、面白い漫画、繰り返し読める漫画を紹介します。また面白さとは別にインパクトのあった漫画も衝撃作としてあげています。 完結、連載中にかかわらず追加していくつもりです。 ネタバレありです。またオススメのアニメも紹介していきます。(元はGoogle Bloggerで書いていたのですが、なぜかログインできなくなったためHatenaブログに作り直しました)

ウィッチクラフトワークス

ウィッチクラフトワークス

この作品はアニメから入りました。

主人公は高校生の多華宮仄、ヒロインは同級生の火々里綾火で彼女は魔女です。
舞台は「工房の魔女」と「塔の魔女」と呼ばれる魔女派閥が抗争を繰り広げる冬月市です。
ヒロインは「工房の魔女」で、敵対する「塔の魔女」にはKMM団(ケモミミ団)が所属しています。

登場人物は人間と獣人(ケモノ耳がついているだけで人間と変わりなし)です。
この世界の獣人は人間耳と頭の上のケモノ耳の計2組の耳を持っています。
しっぽは無いようです。

KMM団のタンポポちゃんは猫人らしく猫と会話をしている描写があります。
タンポポちゃんの発情期は大変らしい。
食生活は人間と同じようですがケモ缶というラベルの貼られた謎の缶詰をたまに食べています。
主人公の多華宮くんからは「耳のひと」と呼ばれています。

アニメではKMM団との争いから始まったので主人公&ヒロインとKMM団の戦いを中心に進むのかと思っていました。
話数が進んでいくうちにKMM団は単なるワキ役とわかりましたが、けっこう頻繁に登場します。

ちなみにヒロインは無表情キャラなので、アニメではタンポポちゃんをはじめとするKMM団の5人がヒロインの変わりをしています。
アニメのKMM団は原作のKMM団よりかなりカワイク設定されており、扱いも良くエンディングはKMM団のみで作られています。
またタンポポちゃんの声は特徴的で一度聞いたら忘れません。

ストーリーの流れの中でも主人公のブラコン妹やKMM団とのカラミのほうがメインの話よりも面白いです。

この作品はアニメを見てから原作を読んだほうが入りやすいし面白いと思います。

<霞ちゃんはブラコン>

f:id:manga_anime:20151016141255p:plain

 

(作者:草薙竜、ジャンル:魔法、連載中)